こんにちは!
ぷかりすですー

連日、
サウジアラビア国王来訪の
ニュースが飛び交って
おりますねぇ。

まったくもって、
爪の先ほども、
関係のないわたくしですが、
なぜか「サウジ特需」に
ワクワクしております。

ギブミーマネー。
メニメニマネー。
(出川英語録より抜粋)

という下品な話題は置いといて。

さすがサウジアラビア国王、
日本に降り立った瞬間から
話題をかっさらいましたね。

見ましたか、アレ。

引用元:http://www.itmedia.co.jp/

なんすか。これは。
どでかホッチキスですか。

( ゚Д゚)

これは
「エスカレーター型タラップ」とか
「エスカレーター式特注タラップ」とか
呼ばれているやつです。

今回のご来訪にあわせて、
わざわざサウジアラビアから
空輸したという規格外のお話。

サウジアラビアのサルマン国王は、
御年81歳で足腰が弱いため
「エスカレータータラップ」
ご利用になられたとか。

2月末から約1カ月にわたり
アジア諸国を外遊なさるそうなので、
体調管理は万全にしておきたい
という側近の判断でしょうねー

「エスカレータータラップ」
の存在すらしらずに
アラフォーになったわたくしの汚名、
どこに擦りつければいいんでしょうか。

こうなったら徹底的に
「エスカレータータラップ」
について調べちゃいますよ!




エスカレーター式タラップは日本にはない?

そもそも、
こんな図体のデカいもの、
わざわざ遠方のお国から
運ぶ必要があったんでしょうか?

日本にあるもの
使えばいいんじゃない?
と思ったそこのあなた。
ミトゥミトゥ(Me too/出川英語録)ですよ。

「他国の所有物に
国王様をあずけるわけ
にはいかない」という
セキュリティリスクを
鑑みた結果なのでしょうか?

答えは・・・

単純に日本では
エスカレータータラップを
準備できなかったから。

だそうです。

某メディアによると、
サウジ政府関係者が事前に
「日本側でエスカレータータラップ
の準備が可能か」
を確認したとか。

日本側が「準備できない。」
という回答をしたため、
サウジアラビアは
どでかホッチキス
持ち込む羽目になったんですね。

引用元:http://www.asahi.com/

しかし驚きなのは・・

技術大国日本に
「ないもの」があった!
という点ですね。

エスカレータータラップの
存在は知りませんでしたが、
実際目にしてみると、
ありそうな機材じゃないですか?

「日本にあるけど今回は
準備ができなかった。」のか、
「日本に一台もない。」のか・・。

日本政府や日本の主要航空会社が
保有している場合は、
サウジアラビアという
超VIPな国賓を前にして
「あるけど用意できません」と
答える可能性は低い気がするので、
「日本には一台もない」のかもしれません。

と思いつつ調べてみたら・・

どうやら、
エスカレータータラップは
一般の航空会社では利用しない
みたい。

スポンサードリンク

エスカレーター式タラップが利用されない理由

まず一つ目に挙げられるのは、
「必要性が高くないから」

現在の主要空港は
搭乗口での乗降がメインであり、
飛行場敷地内での
地上への乗降は少ないので、
そんなもん必要ございません。
って感じですね。

もう一つは、
「危険だから」

一度に何名もが乗降に利用して、
万が一トラブルがあった場合、
事故に発展する恐れがありますね。

サルマン国王のような超VIPか、
超VIP御用達の航空会社が
特注でつくる代物ということですね!

わたくしの足が
どでかホッチキスを踏むことは、
一生ないとわかっただけでも収穫です。

エスカレーター式タラップの意外な機能

存在自体が意外性の
高いものだとわかった
エスカレータータラップですが、
サルマン国王の所有品は
色々な機能を搭載しているようで。

LED証明で足元スッキリ!安全乗降!

おわかりでしょうか?

引用元:http://www.asahi.com/

おみ足が照らされております。
安心安全スッキリ乗降の
キャッチコピー通りの性能ですね!

TPOにあわせて速度調節!

サルマン国王降臨のシーンを
ご覧になった方はおわかりかも
しれませんが、
エスカレーター速度が遅いような。

デパートなどのエスカレーターは
分速30m、秒速にすると5cmが
標準のようですが、
サルマン国王降臨シーンでは
もっと遅かったように感じます。

秒速3cm(分速20m)
といったところでしょうか?

調べたところ、
この移動式エスカレータには
速度調節機能も完備
しているらしい。

速度を落として
サルマン国王の身の安全と、
マスコミへのアピールを
兼ねたんでしょうね。

今日のつぶやき

スポンサードリンク

エスカレータータラップは
ロシアの航空会社が3月5日に
日本に輸送したそうです。

ということは、
日本に来る前の外遊国には、
エスカレータータラップがあった
ということですよね?

世界から取り残されてしまった感が・・。
( ;∀;)

さて、メガリッチ(Mega-rich)と
海外メディアにも騒がれている
サルマン国王ですが、
15日まで日本に滞在予定です。

どんな規格外エピソードが登場するか
楽しみですね!

サウジ特需の経済効果を計算!恩恵を受ける業種や関連銘柄は?