こんにちは!
ぷかりすですー

4月30日、第38回俳優祭がEテレで放送されましたが、歌舞伎に疎いわたくしは「へー、こういうイベントもあるのね~」と軽い気持ちで観賞しておりました。

見終わった後は、突如にわか歌舞伎ファンに変身してしまいましたw

中でも中村勘九郎が披露した恋ダンスと、歌舞伎笛の見事な融合は必見でございましたよ!

第38回俳優祭ってなに?

第38回俳優祭
引用元

2017年3月28日に歌舞伎座で上演された「第38回俳優祭」、午前の部は12:00~15:40まで、午後の部は17:00~20:40までの二回公演が行われました。

午前の部も午後の部も同じ演目を上演する「昼夜同一狂言」です。

「俳優祭」とは、公益社団法人日本俳優協会が主催する、協会に所属する歌舞伎俳優、新派俳優が中心となって開く特別なイベントだそうです。

今回は3年ぶりの開催ということなので、毎年恒例のイベントではないようですね。

わたしが歌舞伎に抱くイメージは「敷居が高そう」というもの。

お着物に豪勢な帯留めをお召しのマダム勢が楽しむ、ハイソサエティなイベントと認識しておりました。

でもね・・

「俳優祭」を観たら、わたくしごときでも楽しめちゃったんですよね~w 一般ピーポーのわたしでも楽しんでも良さそうな雰囲気に溢れておるんですよ。

それもそのはず、「俳優祭」は通常の歌舞伎とは異なり、時事ネタやパロディー満載の新作歌舞伎が披露される場所でもあるんです!

わたしはその新作歌舞伎「月光姫恋暫(かぐやひめこいのしばらく)」を観て、にわか歌舞伎ファンに名乗りを上げているわけですw




スポンサードリンク

新作歌舞伎 月光姫恋暫(かぐやひめこいのしばらく)のあらすじ

第38回俳優祭
引用元

こちらは、有名な日本昔ばなし「かぐや姫」の歌舞伎パロディ版ですw

凶暴すぎて月の世界を追い出された、かぐや姫(市川猿之助)が、おじいさん(尾上菊之助)とおばあさん(市川海老蔵)の元で大騒動を繰り広げます。恋ダンスあり、◯◯太郎あり、ふだんの歌舞伎では絶対に見られない舞台の模様は必見です!引用元

凶暴すぎるかぐや姫とか・・斬新w

中村勘九郎さんは、意地悪かぐや姫の見た目に騙されて、心奪われる「大友常陸之助頼国」で登場します。ちなみに、「大友常陸之助頼国」は『隅田川花御所染(すみだがわはなのごしょぞめ)』という歌舞伎演目に登場する役です。

かぐや姫の後姿に「あの女は俺のものだ!」と叫びながら踊るのは、なんと逃げ恥から飛び出した恋ダンス!

あの恋ダンスの手さばきが、歌舞伎役者にかかるとこんなにもキレッキレ!

中村勘九郎が披露した恋ダンスの動画!

お待たせしました!こちらが歌舞伎で恋ダンスの動画でございます。

地団駄でリズムをとるという歌舞伎テクにキレッキレの動作、歌舞伎笛の滑らかな音色、どれをとっても素晴らしいの一言につきます。

恋ダンスに乗せて、飛び六方ではけるとか、最高すぎw

ほかにも流行りネタから、EXILEローリングやPPAPも披露していましたw

本気で冗談をかます心意気、とくと拝見させていただきました。娯楽ってこういう見世物のことを言うんですねー。

第38回俳優祭の再放送の予定は?

4月30日(日)午後9:00~11:45に放送された「第38回俳優祭」、残念ながら2017年5月1日時点では再放送は決まっていないようです。

ちなみに、第37回俳優祭は、2014年3月27日に放送された後、2ヶ月後の5月に再放送、さらにリクエストにお答えして10月にも再々放送を実施しています。

おそらく、2ヶ月後の6月前後には再放送されると思いますので、NHK情報を定期的にチェックですわよ!

今日のつぶやき

スポンサードリンク



「俳優祭」きっかけで歌舞伎ファンになったわたくし。

いつか歌舞伎座で観賞することを夢見て、必須アイテムのオペラグラスを通販で購入しようかと思案中です。

どうやら、幕間(休憩時間)に頂くお弁当は老舗料亭の仕出し弁当だとか・・ジュル

歌舞伎は通えば通うほど、楽しみ方が増えていきそうですね!