こんばんは!
ぷかりすですー

2017年5月4日(木) 放送のダウンタウンDXに君島遼(きみしまりょう)さんがご出演されますよ!

今年の1月にも出演していたので、二度目の登場でしょうか?かなりの売れっ子ものまねタレントさんであることがうかがえます。

激似ものまねのルーツは、大阪にあるものまねパブ「アラジン」での修業だそうですが、そのレパートリーったら、両手では数えきれないほど。

今回は、君島遼さんの豊富すぎるものまねレパートリーと、君島遼さんを発掘した以外な人物にスポットを当ててみます。

君島遼(きみしまりょう)の経歴

君島遼
Twitter

チーターこと水前寺清子さんとの一枚。雰囲気出てますね~!あ、左側が君島遼さんですよw

君島遼さんWiki風プロフィール!

君島遼
引用元

名 前 :君島 遼(きみしま りょう)
本 名 :柳本 稜(やなぎもと りょう)
生年月日:1991年5月8日
出 身 :大阪府枚方市
身 長 :173cm
職 業 :ものまねタレント
事務所 :ものまねパブ アラジン

2017年現在、26歳のピチピチっ子でございます。

小さい頃から歌やものまねが好きだったという君島遼さん、高校生あたりからその才能は開花し、ものまねパブ アラジンのオーナーからスカウトされ、ものまねの道へ進むことになります。

上のスッピンのお写真は、アラジンのオーナーさんが撮影した一枚でございますよ。「スカウトしたときの写真」とのことなので、高校生の君島遼さんだと思われます。

高校時代からすでに演歌に入れ込んでいたようで、特に小林幸子さんが大好物!

今回放送されるダウンタウンDXでも、愛してやまない小林幸子さんと一緒に登場しますので必見でございますよ!

ものまねパブ アラジンでアルバイトを始めた当初は、お客様に披露できるレベルのものまねは氷川きよしさんだけだったとか。

それが今や、十数個ものレパートリーをテレビで披露するんだから、どんだけ修業したんだってお話です。

しかもものまねの対象は女性がメインという、難度最強街道をまっしぐらw

そんな君島遼さんのものまねレパートリーをチェック!あわよくば、動画をみてみようではありませんか!




スポンサードリンク

君島遼(きみしまりょう)のレパートリー

所属事務所(?)のものまねショーパブ アラジンが公開しているレパートリー情報をまとめてみます。

女性タレント部門

 小林幸子さん

君島遼さんの十八番といっても過言ではない、小林幸子さんのものまね。どっからどーみても、女性にしか見えません。口元なんて、本当にそっくり・・。

 

 美空ひばりさん

素のお声も透き通ったキレイな声ですね。しかし・・マジ激似なんですけどーっ!

見た目は小林幸子さんほどは寄せることはできてないけど、骨格の違いが大きいので仕方ない。声とか身のこなしとか、ひばりちゃんですやんっ!

 

 八代亜紀さん

君島遼
ブログ

お顔の雰囲気、そっくり( ゚Д゚) このメイク、自分でしてるってんだからスゴイですよねー。

左にはミラクルひかるさんw

 

 ちあきなおみさん

 

 山口百恵さん

別の方の山口百恵さんのモノマネを観たことがありますが、ここまで似ているのは初めて聞きました。佇まいもオーラも百恵ちゃんでしょ?

 

 都はるみさん

 

 水前寺清子さん

 

残念ながら以下のお三方については、画像や歌声動画は見つかりませんでした。

 島倉千代子さん

 由紀さおりさん

 大月みやこさん



男性タレント部門

 氷川きよしさん

 

 ゴールデンボンバー

 

 EXILE

 

 山下智久さん

 

残念ながら以下の方については、画像や歌声動画は見つかりませんでした。

 山川豊さん



上記の15種類以外にも、多数の秘蔵モノマネがあるようです。今後テレビで披露してくれることを期待!

元パワーズ小田進也がマネージャー

君島遼さんのホームグラウンドものまねショーパブ アラジンは、元お笑い芸人さんが立ち上げたお店なんですってよ!

その芸人さんとは・・元パワーズの小田進也さん

パワーズ小田進也
引用元

・・・って、どなた?w

なんでもコロッケさんの同期、ダウンタウンやウッチャンナンチャンと同じ世代の有望株だったお笑い芸人さんだそうです。

最盛期の1986年には、お笑い関係の新人賞を多数受賞し、レギュラー7本を抱える超売れっ子になります。

しかし、稀にみる遅刻魔だった相方の須間さんが行く先々で大御所を待たせては、小田さんが叱られるという日常の繰り返しだったとか。

結果、小田さんは心労がたたり、お笑いコンビからの脱退を決意し違約金を支払って芸能界を後にします。

それから30年。将来有望な若手ものまねタレントさんを発掘するものまねパブのオーナーとして、また、タレントのマネージャーとして裏方業に邁進していらっしゃいます。

以下は、30年ぶりにダウンタウンと再会したときの一枚。

パワーズ小田進也
引用元

パワーズ時代の良きライバル、そう『浜ちゃん』。

今では、かなりの差をつけられたけど。なんせ30年ばかり会ってないので、忘れ去られてるとおもいきや・・・『えーマジ?』『えーなにしてんのん?』『店、大阪のどこー?』『そういえば面影あるわー』かなりの質問攻めにあいましたー (~_~;)

同期の『コロッケちゃん』も横から「みんな古株になったよねー」って笑ってた。『まっちゃん』とも話をしましたが、残念ながら本番前のステージ横なので写真は遠慮しておきました。

今日は、あくまでも君島遼のマネージャーということで来てますのでー!引用元

当時、仲が良かったことがうかがえるコメントですね!

30年前、芸能界で苦労した経験を無駄にせず、ものまねショーパブ アラジンを立ち上げ、タレントさんに芸を志すものとしての姿勢を伝授している小田進也さん。

君島遼さんと二人三脚で、ものまね道を独走してほしいですね!

今日のつぶやき

スポンサードリンク



5歳から始めたという日本舞踊が、しなやかで女らしい美しい身のこなしを作り上げているそうです。この方、女形をやらせたら絶品かもしれぬ・・。

しかし、最近のものまね界って言ったら、見た目も歌声も本人に寄せるだけ寄せた「本格派」が主流となりつつあり、ものまね戦国時代って感じです。

アニソンの重鎮がユニットで見事な歌声を披露しているように、ものまねの本格派ユニットでのオリジナルソングを聞いてみたいなーと思う今日この頃です。