100均マイスター┃観葉植物の育て方!室内ボタニカルガーデンで癒しの空間を!

 
こんにちは!
ぷかりすですー

今回は、言わずと知れた100円ショップの有能っぷりをご紹介させていただきます。

日用品はほとんど手に入るし、デザイン性にも優れているし、毎日100均に通うわたくしはもはや「100均依存症」を発症していると言えるでしょう。

 


©プカラスユンタク

 

年間400回は100均に通っているであろう自称100均マイスターのわたくしが、最近ハマっているのは「100均ボタニカルガーデン」でございます。

オシャレなネーミングにしてみましたが、要は「100均でミニ植物園を作っているよ」ってお話。

 

ボタニカルガーデンに必要な100均グッズ

室内でわさわさと元気に成長する観葉植物を眺めるだけで穏やかな気持ちになれるのはわたくしだけではないはず!

そこで、ここ数ヶ月かけてちまちまと作り上げた100均マイスタープレゼンツ「100均ボタニカルガーデン」をご紹介いたしやしょうっ

とその前に。

100均ボタニカルガーデンを作るには、揃えなければならないグッズがございますので、それら有能なグッズさんたちをおさらい。

1. 観葉植物

ボタニカルガーデンの主役、観葉植物の選別は最も気を配らなければならないポイントです。

100円ショップでも元気な観葉植物の苗が販売されていますが、残念ながら店舗によっては弱り切った苗も見かけます。

わたしが観葉植物の苗を選ぶときは下葉が枯れていない・葉がしおれていない・新芽がでているなどで選別しています。

最寄りの100円ショップに元気な観葉植物が販売されていない場合は、ホームセンターのオアシス苗を購入しています。

わたしが住む沖縄では大手ホームセンターと言えば「メイクマン」

メイクマン
引用元:http://www.makeman.co.jp/

こちらのホームセンターでは、オアシス苗が200円で販売されているので重宝しています。

観葉植物の苗は「下葉が枯れていない・葉がしおれていない・新芽がでている」ような元気なものを選ぶ!

2. 植木鉢・容器

観葉植物を植えるための鉢や容器は、観葉植物の性質にあわせて見繕っています。

乾燥に強い植物は、裏を返せば水の与えすぎに弱いということになりますので、水はけを良くするため底に穴が開いている植木鉢を選ぶ。という風に。

ホームセンターで「オアシス苗」として販売されているものは、乾燥に弱いので底に穴が開いていない容器を選ぶ。って感じですね。

観葉植物の性質に合わせて、水が溜まる容器か溜まらない容器かを選択する!

3. ライト・照明

室内で植物を育てる場合、日当たりの良し悪しで成長速度に影響がでます。

光が弱いと最悪枯れてしまうことも多々あるので、照明は導入した方が無難でしょう。

わたしの経験上、暗い室内で観葉植物を育てるための照明は、最低でも40ワット、60ワットあれば上出来という印象です。

残念ながら、わたしの近所の100円ショップでは40ワットの光量を出す照明器具を見つけることはできませんでした・・。

わたしは楽天で1000円以下のクリップライトを購入しました。


OHM クリップライト E17 ブラック 【電球別売】 LTC-N1AW-K 06-1336 オーム電機

室内のボタニカルガーデンは明るい場所に作ろう!暗い場所には照明を導入して!

4. 土

観葉植物用の土は100円ショップに販売しているもので十分ですが、わたしの場合、ホームセンターのオアシス苗を植え付ける際には「水草ソイル」を使っています。

水草用のソイル(土)は、水耕栽培に適しているので管理がとても簡単!

水草ソイルは楽天で1000円以下のものを購入しています。


GEX 水草一番サンド 2kg ジェックス 熱帯魚 用品 ソイル 関東当日便

 

100均で全部揃えてんじゃねーのかよっという声が聞こえた気がしますが、長く楽しめるボタニカルガーデン作りには、100均以外のグッズも必要だって気づいてしまったんですよ、わたしゃ。

ちゃんと100均グッズも使っているから、続きをみてね♪

 

スポンサードリンク

これが100均ボタニカルガーデンだっ

さぁ、試行錯誤の結果、元気に成長しているボタニカルガーデンの全貌をお見せいたしましょう。

 

 

ショボっとか言わないように。

横からみたらこんな感じ。

 

 

毎日、新芽チェックして成長を楽しんでます。

このミニガーデンの前に下手すると1時間は佇んでいることがあるので、傍目には「闇人間」にしか見えないかもしれません。

さて、どんなグッズでどんな手順で作っているのか、サクッとご紹介しちゃいますよ!

ボタニカルガーデンの作り方

1. 苗を購入します。

先にもご紹介したとおり、100円ショップで元気な苗を見つけきれない場合は、ホームセンターに駆け込みます。

今回もメイクマンのオアシス苗をゲットしてきました。

メイクマンではこんな風に販売していますよ。

 

 

今回は5つ見繕って、連れて帰ってきました。

 

2. 100円ショップで容器を購入します。

今回購入したのはダイソーの「ガラスビーカー」と「ウッドボックス」です。

 

◆ダイソー:ガラスビーカー

 

◆ダイソー:ウッドボックス

 

オアシス苗なので、水はけを気にしなくてOK !見た目もスッキリするガラス容器がお気に入りです。

3. 植え付けます。

ガラスビーカーの底に水草ソイルを敷き詰めて・・・

 

苗をのせて・・・

 

苗の周囲にもソイルを流し込んで出来上がり!

 

全部植え付けるとこんな感じになりました。

4. ウッドボックスに収納して完成!

あとは収納用に購入にしたウッドボックスに入れるだけ~

ボタニカルガーデンの育て方

さて、あとはすくすくと成長させるだけ!

オアシス苗は水が容器の半分以下になったら、100均でゲットしたスポイトで水を与えます。この点、ガラス容器は水の量が見えるので便利ですね。

ちなみに、水はけがない容器は栄養を与えすぎると水が腐りやすいので、肥料は入れない方がいいのです。

 

元気がなくなったり、成長速度が遅くなったときは、植え替えの時期です。

水はけのある植木鉢に、水草用ソイルではなく観葉植物用の土を使って植え替えてあげます。

水はけのある植木鉢に植えてしまえば、肥料を与えることができるようになりますよ!

 

室内ガーデンの植物たちは、たまにベランダの日陰で外の空気にあててあげると調子が上向きになります。外に出すときは直射日光を避けましょう。

つぶやき

スポンサードリンク

 

わたしの100均ボタニカルガーデン、とめどなく増殖中でございます・・・。

こんなランプスタンドも作ってみたりして、自分でも何を目指しているのか見当もつきませんがな。

さて、今日も100均探索に出かけようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です