マツコ会議┃Absolute Dears(国立音大ジャズバンド)の演奏がスゴイ!

Absolute Dears

こんにちは!ぷかりすです。ようこそ!

12/2放送のマツコ会議で取り上げられる、創立90周年を迎えた国立音楽大学の音大生たちが気になりますよ。

一般ピーポーのわたくしが、音大生という響きから連想するのは「バイオリンケースを抱えた女学生がなんもないところで躓き、眼鏡の塩顔イケメンの胸に飛び込み、彼が小脇に抱えていた楽譜が必要以上に舞い散る」というイメージです。

なんとも具体的で陳腐な想像でございますが、わたくしにとって「音大生」ってなんだか少女漫画の世界なのです。

そんな遠い世界の音大生をマツコ会議がフィーチャーするってんだから見逃せないよねっ!

特にマツコ・デラックスさんが「一気にキナ臭くなってきましたよ」と興味を示した、「既にプロデューサーがついているジャズ科の学生グループ」が気になります。

ということで今回は「国立音楽大学ジャズ科学生バンド Absolute Dears」にロックおーんっ!

スポンサードリンク

Absolute Dears(アブソリュート ディアーズ)とは?

Absolute Dearsとは、国立音楽大学の現役音大生10名で結成するバンドです。

キャッチコピーは「ファンク生まれ・ジャズ育ち」。”時にバンド、時にオーケストラ”という多彩な音色を届けてくれる、世界でも活躍できる才能に溢れた若者たちが揃っています。

メンバーさんのお名前はというと…

  1. ボーカルの田谷紘夢(たやひろむ)さん ※リーダー
  2. アルトサックスの篠嶋祐希(しのじまゆうき)さん
  3. エレクトーンの武本和大(たけもとかずひろ)さん
  4. テナーサックスの屋嘉一志(やかひとし)さん
  5. ドラムの多田涼馬(ただりょうま)さん
  6. トランペットの吉野菫(よしのすみれ)さん
  7. パーカッションの辻耕(つじこう)さん
  8. トロンボーンの池本茂貴(いけもとしげたか)さん
  9. ギターの林陽平(はやしようへい)さん
  10. ベースの金子義浩(かねこよしひろ)さん
  11. フォトグラファーの平井莉紗(ひらいりさ)さん

フォトグラファーの平井さんは、Absolute Dears専属のカメラマンとして、11人目のメンバーという位置づけで参加していらっしゃるご様子。

それにしてもさすが音大、バンドに必要な楽器奏者を余すところなく集められるんですねー。

サックスにアルトとテナーを含め9種類もあることを初めて知ったという音楽に疎いわたくしからすると、どの楽器も演奏できるだけで尊敬のまなざしでございます。

若いとはいえ、演奏家とはそれぞれが孤高の存在、いわゆる一匹オオカミのような印象ですが、そんなウルフたちをまとめあげているプロデューサーって相当な重鎮かっ?と思いきや…

てへぺろイメージがただよう、めちゃカワメンのこのお方…。

Absolute Dearsのプロデューサー、岩城直也(いわきなおや)氏でございます。

ぶっとびーっ!

世紀の童顔で実は40歳です。とか言わないよね?どうみても20代前半にしか見えません。残念ながら年齢は非公表のようですが、いったいおいくつでございましょうか?

なになに?プロフィール情報によると

  • ヤマハエレクトーンコンクールにて最高位を受賞。
  • 東京音楽大学 作曲指揮専攻 作曲〈映画・放送音楽コース〉を首席で卒業。
  • 大学在学中より、玉置浩二(vo)やグラミー賞受賞のジャズピアニストRobert Glasperをはじめとするアーティストのオーケストラ編曲を手掛ける。

なんですか、この経歴はっ!このお方、音楽会の寵児的なヤバい方ではなかろうか…?

はぁ、わたくしの知らぬ世界には猛者がウヨウヨしてるで。コワイで。

若き才能を束ねるプロデューサーさえも若き才能だったというAbsolute Dears、どんな演奏をするのか楽しみです。期待値メーターがMAXを振り切っております。

Absolute Dearsの演奏動画がカッコイイ!

総勢10名で演奏する姿をぜひ見てみたい!ということで、クリスマスシーズンの12月にドストライクのナンバーをAbsolute Dearsの皆さんがお届けいたします。

『Santa Claus Is Coming To Town』、どうぞお楽しみください。

━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━

ほわぁー心地いいわぁー

この方たちって一応学生さんなんだよね?と確認したくなるほど耳障りのいい音楽ですよ。素人耳にはプロの方々との違いはまったくわかりませんよ。

ん?でもバンドとして活動してるんだからプロってことでいいのかしらん?

まぁ、どっちでもいいか、とにかく気持ちのいい音色です。

地上波に登場したことがあるのか調べてみたところ、Mステの舞台に挑戦していたようで!

9/18に放送された「MUSIC STATION ウルトラFES2017」のオーディションに参加していたらしい。投票時期にAbsolute Dearsの演奏を知っていたら、投票できたのになぁと残念しきり。

おそらく、地上波への登場は12/2放送の「マツコ会議」が初となるはずなので、今後の足掛かりにみっちりアピールしてほしいと願うにわかファンです。

Absolute Dearsのライブ日程は?

にわかファンは沖縄という日本の南端に住んでいるため、Absolute Dearsのライブに行くことはかなわないかもしれませんが、念のため調べてみます。

まかり間違って、宜野湾コンベンションセンター(数々のアーティストがライブを行うホール)でクリスマスライブを開催するかもしれんしっ

あ、新宿MARSで12/21にクリスマスワンマンライブを開催するんですって。

そりゃそうだ、全国デビューを目前にした売り出し中のバンドが突然沖縄にくるわけないわw

新宿MARSのキャパは300名だそうで。いいなぁ臨場感あふれるライブが楽しめそうだなぁ…。

まとめ

  • Absolute Dearsとは、国立音楽大学の現役音大生10名で結成するバンドである。
  • Absolute Dearsのプロデューサー岩城直也さんも若き天才である。
  • Absolute Dearsの演奏はたいへん心地いい。
  • Absolute Dearsは新宿MARSで12/21にクリスマスワンマンライブを開催する。

ということでまとめさせていただきました!

まだ学生の彼らは卒業後、Absolute Dearsでの活動も続けながら、新しい道に歩みを進めるんでしょうねー

ヨーロッパあたりでは演奏家のライブやコンサートは一般人の生活の中にあり、身近な存在だと聞いたことがあります。

少なくともわたくしの周りでは、演奏家のライブに足繁く通う人はいないですね。

Absolute Dearsのような若い才能が活躍する場が増えると、日本でも演奏家が身近な存在になるかもっ!

関連記事はこちら!

ここにも国立音楽大学出身の天才が…!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です