ミスシャーロック第一話のあらすじとネタバレ│デビルズ・フット事件はこれで完結ですか?

こんにちは!今回は、huluオリジナルドラマ「ミス・シャーロック」第一話の感想をお届けしますよ♪

ぷかりす

2018/4/27(金)、日本では午前10:00よりhuluで独占配信が開始された「ミス・シャーロック」。

第一話では、シャーロック(竹内結子)と橘和都 (貫地谷しほり) の出会いとなる事件が描かれています。第一話の作品タイトルはそのまま直球で「最初の事件」。

世界19カ国で同時配信という地球規模の本作、記念すべき第一話に、私の期待度は限界突破!!

完全なるネタバレ全開で、「ミス・シャーロック 第一話 最初の事件」の感想をメインにお届けいたします。

スポンサードリンク

「ミス・シャーロック 第一話 最初の事件」の配信日時

話数 タイトル 配信日時
一話 最初の事件 2018/4/27
AM10:00
二話 ひげの幸子像の謎 2018/5/4
AM10:00予定

※全8話を配信予定

「ミス・シャーロック 第一話 最初の事件」の主要キャスト

シャーロック

捜査コンサルタント。イギリス生まれの日本人で帰国子女。優れた観察力・推理力で捜査コンサルタントといて警察に協力している。他人には簡単に心を許すことができない頭でっかち人間だが、一握りの理解者とともに難事件を解決していく。チョコレートが大好き。ある事件をきっかけに自ら「シャーロック」と名乗るようになった。

竹内結子(たけうちゆうこ)

 

橘和都(たちばなわと)

外科医。ボランティア医師団でシリアに赴任していたが、情勢の悪化・自分の無力さの痛感などの理由で帰国する。恩師が殺害される事件をきっかけにシャーロックと出会い、同居しながら事件解決の助手となる。シャーロックとは逆の感情豊かな人物。

 貫地谷しほり(かんじやしほり)

 

礼紋元太郎(れいもんげんたろう)

警視庁刑事部捜査一課警部。敏腕で頭が切れる人物。出世のためにシャーロックを利用する狡猾な部分もある。愛妻家。趣味はボーリング。

 滝藤賢一(たきとうけんいち)

 

柴田達也(しばたたつや)

警視庁刑事部捜査一課巡査部長。礼紋の部下であり、真面目で保守的な人物。我が物顔で現場に登場するシャーロックが気にくわないが、地道な操作でシャーロックの閃きを助ける。原作には登場しないオリジナルキャラクター。

 中村倫也(なかむらともや)

 

水野隆之

和都(貫地谷しほり)の恩師。ボランティア医師団で活動していた和都に激励の手紙を送り続け、和都を勇気づけた。帰国した和都を空港で出迎えた際、腹部が爆発し死亡する。既婚者で子供はいない。

 二階堂智(にかいどうさとし)

 

水野あきこ

水野隆之の妻。隆之から「和都は人のために尽くすことができるので外科医に向いている。」と聞かされていた。和都と面識がある。

 水川あさみ(みずかわあさみ)

 

 双葉健人

内閣情報調査室内閣情報分析官。 シャーロックの兄。シャーロックが「自分より天才」と認める人物。「20分しか時間がない」が口癖。心を閉ざしているシャーロックを心配している。

小澤征悦(おざわゆきよし)

 

 波多野君枝

シャーロックが住む屋敷の家主で未亡人。亡夫は商社マン。過去にシャーロックの両親に恩があり、その恩返しでシャーロックを支えるようになる。シャーロックが抱える事情はすべて把握している。

伊藤蘭(いとうらん)

hulu公式サイトはこちら

「ミス・シャーロック 第一話 最初の事件」のあらすじと感想

待望の第一話は、和都(貫地谷しほり)が日本に帰国するシーンから始まる。

映画フィルムを思わせる映像とクリアな音質が、期待感を煽る煽る。こりゃー面白そうだぜ!と深く腰掛けた体制が前のめりになりました!

ぷかりす

和都が着陸した飛行機の中で読んでいた美筆の手紙の主は、恩師の水野隆之 (二階堂智)。ボランティア医師団としてシリアで活動していた和都に、水野隆之は激励を込めて19通の手紙を送っていた。

到着ロビーで和都を笑顔で迎えた水野隆之に、和都が御礼を言おうと手紙を取り出したその瞬間、「ボン!」というこもった破裂音とともに、水野隆之は和都の足元に崩れ落ちる。

大勢の人でにぎわっていた和都の周囲は、水を打ったように静まり、誰もが何の音だったのかを確かめようと怪訝な表情で立ち止まる。

我に返った和都が、うつ伏せに倒れた水野隆之を仰向けにすると、腹部には大量の血液が広がり、水野隆之は意識がない。

シャツのボタンをはずすと、腹部にはぽっかりと大きな穴があき、背骨まで見えていた。

地上波では「お腹ぽっかり」シーンは放送できないよなぁ。さすがhulu×HBO、本気でおじゃるな?といった印象。細かいことを言うと、シャツは破けてないけどその下は「ポッカリ穴」っておかしくない?さすがに内臓どばーみたいなえげつないグロさは控えたってことかしら。

ぷかりす

腹部が爆発するという残忍な手口により、目の前で恩師を失った和都は、事情聴取のため礼紋警部(滝藤賢一)に連れられ警視庁を訪れる。

すでに到着していた水野隆之の妻、水野あきこ(水川あさみ)とともに霊安室に入ると、遺体の腹部をまさぐるシャーロックに出くわす。

遺体の腹部に手を突っ込むサイコなシャーロックは、スタイリッシュは服装に美しいお顔…。ショートヘアでオシャレな衣装にピンヒール、シャーロックを演じる竹内結子さんを観るだけでも価値があるね!

ぷかりす

検視を終えたシャーロックは、今回の事件は「デビルズ・フットと呼ばれる高性能液体爆弾により爆死させられた」と礼紋警部に告げる。

翌日、和都は礼紋警部からシャーロックの下宿先「221B」を教えてもらい、シャーロックを訪ねる。19通の手紙の束を握りしめて「なぜ大切な恩師があんな死に方をしなければならなかったのか真相が知りたい」とシャーロックに訴える。

手紙を一瞥したシャーロックの元に、昨晩同じ手口で若者が爆死したという一報が入り、恩師の死の真相を知りたい和都はシャーロックと行動を共にする。

水野隆之が殺害されたその晩、繁華街の路地で爆死した若者は薬の常習者であり、この若者に薬を売っていた売人「空也(くうや)」の存在に、シャーロックと和都は行き着く。

空也は医者や金持ち相手に薬を売ってぼろ儲けしていたという情報から、一人目の犠牲者である医者の水野隆之も、二人目の犠牲者である若者も、空也から買った薬に紛れていた爆弾を知らずに飲み込んだと推理する。

爆薬を仕込むためのカプセルが必要だと考えたシャーロックは、内閣情報調査室内閣情報分析官の兄 双葉健人の紹介で、カプセル型体調管理機器を開発しているポルデ(POLDHU)社に出向く。

クラウドファンディングで資金を集めているポルデ社は、高額出資者にはカプセル型体調管理機器を4つプレゼントしていることに着目し、高額出資者リストを確認する。

リストに「桐崎空也」の名前を発見し、いよいよ真犯人の可能性が高まったとき、警察に「恋人がカプセル錠を飲んだ後、錯乱して家を飛び出した」という一報が入り、飛び出した人物は桐崎空也だと判明する。

桐崎空也宅に到着したシャーロック一行は、恋人から空也が半年前まで薬物厚生施設に入所していたことを知り、何か手掛かりがないか探すために施設へ向かう。

施設には、錯乱して自宅を飛び出した桐崎空也がおり、「頼むから死んでくれ!」とマキシマヨウヘイという男を襲っていた。

マキシマヨウヘイは、10年前に薬物過剰摂取で精神錯乱になり6歳の女の子を刺殺し、厚生施設に入所したが半年前に出所していた。同じころ、厚生施設には薬物依存者と施設を非難する手紙が届いていた。

一連の状況から、桐崎空也の背後には黒幕がいると察知したシャーロックは、礼紋警部に10年前に殺された6歳の女の子の両親の名前を確認するよう指示する。

その後、犯人をつきとめたシャーロックと和都は、最初の被害者である水野隆之の妻 水野あきこを訪ねる。

「犯人がつかまったの?」と期待する水野あきこに対し、シャーロックは「犯人はあなた」と好奇心あふれる表情で伝える。

ものすごい頭が切れるため、一般人には変人にしかみえないシャーロックの謎解きが始まります。

ぷかりす

10年前、シングルマザーだった水野あきこは、6歳の一人娘をマキシマヨウヘイに殺害された。その後、水野隆之と出会い平穏な日々を過ごしていたが、半年前にマキシマヨウヘイが出所したことを偶然知る。

抑えていた怒りに身をまかせるまま、薬物依存者を使いマキシマヨウヘイに復讐することを企てたあきこは、桐崎空也を操り、ポルデ社の高額出資者となりカプセル型体調管理機器を4つ手に入れる。

多額の現金が通帳から動いていることを知った夫 水野隆之は、あきこを問い詰める。夫に隠し通せないと悟ったあきこは、「持病に効く」といってカプセル型体調管理機を改造した爆弾を飲ませ、爆死させた。

二番目の被害者は、あきこの指示に従わなかったため、サクっと爆死。連続で発生した爆死事件を知り、空也は次は自分であることを悟りマキシマヨウヘイを殺そうとした。

無表情に「証拠はあるの?」と尋ねるあきこに対して、シャーロックは和都が水野隆之から送られた19通の手紙を突き付ける。

手紙に貼られていた切手は20枚1セットで絵が描かれている。19枚は水野隆之が和都への手紙で使っており、最後の一枚はあきこが施設への抗議文で使ったと言う。そしてこの切手にはあきこの指紋が残っており、それが証拠だと。

あきこは大きく息を吐いたあと、「害虫は誰かが駆除しないとね。」とつぶやき、「加害者も人権ばかり叫ばれて誰も罰してくれない!」と本音を語る。

息苦しそうにあえぎ胸を押さえるあきこに、和都は急いで水を差しだすが、シャーロックは「息苦しいから胸を押さえているわけじゃない。ペンダントを触っているのよ」と言う。

あきこが胸元から取り出したペンダントは、17世紀のヨーロッパで流行ったという大切な人の髪の毛を編んだ「モーニングジュエリー」だった。10年前に殺された娘の髪の毛を触りながら思い出に浸るあきこ。

おもむろにスマホを手に取り、何か打ち込んでいるあきこを見て、シャーロックは爆弾を飲んでいると悟るも、阻止することができずあきこは爆死してしまう。

シャーロックは倒れたあきこにまたがり、「言え!裏に誰がいる!」と叫ぶが、あきこから返事はなかった。

犯人は逮捕できなかったが、一連の連続殺人事件が解決したことに対し、礼紋警部はシャーロックに礼を告げるが、シャーロックは「彼女一人でできる犯行ではない、黒幕がいるはずだ。引き続き捜査がしたい」と頼む。

礼紋警部は「わかった。上に伝えておく」とだけ答える。

一方、日本に帰国したばかりで家も仕事もない和都に対し、シャーロックの兄 双葉健人はシャーロックとのルームシェアを提案する。

即答で断るシャーロックと和都の横で、礼紋警部に「ホテルニューカマタ」が火災で全焼になったとの連絡が入る。

荷物もすべてを失った和都の行く先はシャーロックの下宿しかなく、二人はしぶしぶ同居を開始することになる。

出演者のみなさんの演技は素晴らしいと思いました!が!!しかし!!!個人的にはストーリー細部までこだわってほしいなぁ。最初に殺されちゃった旦那さんに対して、あきこさんはなんの感情もなかったのかしら?罪を告白するシーンで全然語られなかったけど…。45分の作品に収めるには登場人物が多すぎた感がありました。なので細部が描かれず、雑な印象が残っちゃったな。

ぷかりす

まとめ

  • 出演者のみなさんの演技が素晴らしい
  • コミカル要素も含まれていて楽しい
  • シャーロックの衣装がステキすぎる
  • オープニングもかっこよし!
  • でもでもストーリーが雑じゃね?

という印象の第一話でしたね。

今回の爆弾は通称「デビルズ・フット」と呼ばれているってシャーロックが言ってたけど、その背景とか説明なしで、この事件は終わりですかね?

もしかすると、最終話で回収される伏線が多数張り巡らされていて、第一話の段階ではそれが明らかになっていないので「雑な話」に感じるのかも?

そうだとしたら、相当面白い作品の可能性も。だって、今のところ「足りないのは脚本だけ」と思っております、私。

こうなると、第二話も見逃せないよね!

個人的に第二話以降の見所として、声を大にして言いたいのは「和都のダサファッションが変貌するかも」という点です。

シャーロックは和都のダサファッションを見て、「視界に美的センスがないものが入ると脳の働きがにぶる」と言っていたので、同居するってことはシャーロックによるオシャレ指導が入るのでは?

とにかくスタイリッシュなシャーロックによって、和都がどんな変身を遂げるか楽しみしかないね!

hulu公式サイトはこちら

最後まで読んでくれてありがとうございます!またね!

ぷかりす

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です