こんばんは!
ぷかりすでーす

先にいっておこう。

わたし6話で
燃え尽きちゃったらしいw

カルテット神回6話はこちら

7話もそれはそれは
面白かったんですが
6話の回収だったんので、
整理するのに疲れた。。

でもこの回で
怒涛の回収劇は
一幕終了しましたね

次回からは
全員片思いの完結編が
始まりますからっ

終わりの始まりですからっ

引用元:http://www.tbs.co.jp/

アリスの謎とその後

6話と7話は
アリスなしでは語れないですね

そもそもなぜ別荘の鍵を
持っていたのか?

あいつ、
やっぱ盗んでたよw

あいつ、
やっぱ金目当て
だったよw

青いフグリのサル捜索に
無理矢理参加したアリス、
サルを探す気はサラサラなくて
最初から金目当てで
家森についていく。

こわっ
((( ;゚Д゚)))

家森から楽器の値段が高いことを
聞き出すと、タイミングよく
雪に足を取られて転んだ
家森から鍵を奪う。

こわっ
((( ;゚Д゚)))

脱兎のような素早さで車に飛び乗り
オフロードレーサー並みの
ドライブテクニックで
雪道を走り抜け別荘に到着。

サイコパスで超絶ドラテクとか、
追いかけられたら逃げられない
絶望感が半端ないw

そこからは6話で公開された通り、

真紀さんのバイオリンを盗もうとして
取り返そうとする幹生ともみ合いになり、
アリスは二階から転落。

幹生はアリスの胸に
耳をあてて鼓動を確かめ、
「死亡」と判断。

・・・たぶん
おっちょこちょいの幹生、
この時点で死亡判定ミスってるw

結果、
アリスは生きてたよ

よかったよかった。

スポンサードリンク

巻夫妻の最後

とうとう巻夫妻に最後が訪れました。

一言でいうと
リアル。
でしたなぁ・・

アリス転落後に別荘に戻った真紀さん、
幹生から失踪後の1年を聞いた後、
アリス転落を知らされる。

「コンビニ泥棒」を打ち明けられたときは
「一緒に警察に行こう」だったけど

「アリス死亡(死んでないけど)」を
打ち明けられたときは
「一緒に逃げよう」と。

愛してるんですよねー
幹生のこと。

結局、アリスが死んでないとわかった後も
二人で東京に戻ろうとする。

ここで
すずめちゃんが「実はスパイ」と
判明してから初めて真紀さんと対峙する。

すずめちゃんを縛られたまま
放置したことを謝る真紀さん、
自分も嘘ついてたから
おあいこだというすずめちゃん。

ここから初めてすずめちゃんが
真紀さんにため口で話す!

心を開き友達として
初めて真紀さんに接する!

「同じシャンプー使ってるし
頭から同じ匂いしてるけど?」
すずめちゃんにとって真紀さんは
家族であることを伝え

「いかないで」と手を握って訴える。

真紀さんは困ったような顔をして
すずめちゃんの耳元で囁く。

「抱かれたいの」

Σ(゚д゚lll)ガーン

すずめちゃん、握ってた手を放す・・

そりゃそうだ。

「友人」や「家族」や「女性」では
叶えてあげられない望みだものー

呆然とするすずめちゃんを置いて
東京に戻った巻夫妻。

何事もなかったように
靴下は片づけられ、
温かい食事が食卓に並び
たわいもない会話が弾む。

楽しい食卓に終わりを告げたのは幹生。

アホちんの幹生だけど
真紀さんを大切に思う気持ちは本物で、
離婚して出頭すると決意。

真紀さんの望みは
叶えられることなく、
その夜ふたりは離婚し、
幹生は真紀さんに見送られて
出頭したのでした。



幹生が失踪した1年で
真紀さんの中で彼は家族から
恋人に戻っていた様子。

あの真紀さんの口から

「抱かれたいの」

なんて生々しいセリフが
でるくらいですから。

カルテット第7話のぷかりす的ポイント

家森の見事な直下降にじわるw
「素早く降りたから素早く戻るね」って
落ちたじゃなくて降りたと主張する
ウザ家森にじわるww

真紀さんの「バスローブの下は
着てました~」ネタは幹生の持ちネタだった。
というか真紀さんが幹生にさせていた。

別府さんは2週連続閉じ込められていた。

真紀さんの「こんなに面白くないもの
面白いて言うなんて面白い人だなぁ」
という視点にダウンタウン松本さん臭がする。

真紀さんの旧姓が「早乙女」について
カルテットメンツが「早乙女臭がする」に共感。

全員片思いの矢印はこうですか?
幹生←真紀←別府
真紀←すずめ←家森

それともこう?
幹生←真紀←別府←すずめ
アリス←家森

すずめちゃんが真紀さんと別府さんを
くっつけようとしてるけど、
そのほかの矢印はどこに向いてるんでしょ?

今日のつぶやき

スポンサードリンク

7話もつかれたー

DVD入手することにしたので
8話からは深く考えず
楽しく鑑賞しようと思います。

あと何話で終わっちゃうのか
それだけが心配。

すでにロスってる事件・・



神ドラマ「カルテット」の軌跡(過去記事一覧)